チューリッヒ空港からブリンディッシ空港へ。≪Zurich to Brindisi flight≫Lecceの遺跡・寺院などをぷらり旅:真夏の優雅な南イタリアの旅行 Porto Cesareo,Puglia,Salento,Lecce (ポルトチェザーリオ、プーリャ、サレント レッチェ) ギリシアにも近い地域です。

スイスのチューリッヒ空港から南イタリアのブリンディッシ空港(サレント空港)へ移動しました。≪Zurich to Brindisi flight≫

古代の遺跡が残るレッチェ(Lecce)へ。スイスから、早朝のフライトを利用して、まずは、ブリンディッシ空港(Brindisi airport)へ到着。

スイス,switzerland,swissイタリア,Italy

どうやって南イタリアに行くの!?

南イタリアに行く場合に利用している経路は、飛行機✈で行く場合は、バーリ空港(Bari)に行く場合とブリンディッシ空港(Brindisi)に行く場合、そしてそこから電車を乗り継いで、レッチェなどに行くのが一般的なパターンです。それ以外にも電車でローマから南イタリアに行く方法もあります。

どちらのルートも経験したことがありますが、時間がなかったり 他の海外の都市から南イタリアを訪れる際は、時間的な短縮にもなりますし、飛行機を利用しています。

エアーベルリン スイスからレッチェへ

ローカルの人はどうやって南イタリアに行っているの?

イタリア人の友達は、欧州圏の他の国で働いていて、休みの時に帰る際にはバーリ空港に到着してから、電車を乗り継いでレッチェに帰るルートを取っています。私は今回はスイスに行っていたので、チューリッヒからブリンディッシ空港へ到着して、電車を乗り継いでレッチェに向かいました。格安航空券エアトリ で、日本からの発着便だけでなく、海外発着の航空券(例えば、ローマからバーリとかフランクフルトからブリンディッシなど)も購入可能なので利用させて頂いています。場合によっては、フランクフルトから乗り継ぎ便で5000円とかで行けちゃうのでお得!?です。

Booking.com

チューリッヒからエアーベルリンの飛行機に乗り込みます

南イタリア ブリンディッシにある サレント空港に到着です。オリーブ畑、ワイン畑が広がります。レッチェの歴史的な街もちょっとだけ散策します。

マイレージを貯めて無料で海外旅行


おすすめクレジットカードまとめ

ブリンディッシ空港 Brindisi Airport salento airport サレント空港

Made in Puglia [Italy] メイドインイタリーのパンツが売ってました。

プーリャのパンツ

そこからレッチェ(Lecce)へ電車を使って向かいました。まずはブリンディッシ空港からブリンディッシの駅までバスで向かいました。

ブリンディッシ空港からバスでブリンディッシ駅へ Brindisi Airport to Brindisi station

ブリンディッシ駅に到着です。

ブリンディッシ駅 Brindisi station

ブリンディッシ駅 Brindisi station

レッチェ行きの電車まちです。とりあえず、ひと休みです。

ブリンディッシ駅 Brindisi station

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

レッチェ行きの切符です。今からイタリア鉄道に乗ります。ここは、プーリャ県だからか、【Puglia】と書いてありますね。ヨーロッパで鉄道での周遊を考えていらっしゃるのであれば、ユーレイルパスというものがおススメです。チケットの種類によるのですが、色々な国に訪れることができます。 一回一回切符を買うより遥かに安上がりになります。イタリア国内だけなら、イタリアだけで使えるレイルパスを買うと良いでしょう。イタリアについてからは買えないので、日本にいるときに事前に購入する必要があります。これと似たようなものとして、日本にも新幹線乗り放題のレイルパス(Japan railpass)があるのですが、こちらも日本についてからは買えませんし、日本人は買えません。なので、ヨーロッパなどの海外の方が、自国で買うというものです。私の友人はそれを日本に来る前に買わないでかなり交通費にお金をかけていました。
ヨーロッパでの鉄道旅行も決して安くないので、鉄道旅行を楽しむのであれば、購入をお勧めしますね。※海外に出てからは購入できないので事前に購入しておいて下さいね。

イタリアで電車を使った旅(ローマからピサ・フィレンツェ)

イタリアの車窓からの眺めも楽しんで見たかったので、電車を利用して、実際にローマからフィレンツェに移動してみました。

ローマからフィレンツェへの旅/Rome to Firenze

ピサの斜塔に登る!ローマからイタリア新幹線で行くフィレンツェ&ピサ<昼食付きプランあり/日本語ガイド> by Mybus

ミラノからスイスへの旅/Milano to Switzerland

ベルニナ急行とサンモリッツ☆ミラノから行くスイス自由旅行<列車チケット手配>by Max Harvest

ローマから各自、列車に乗ってベネチアへ!/Rome to Venezia

列車で行くベネチア日帰り観光 <ゴンドラ乗船プラン・ガイドツアープラン有/日本語/ローマ発>by Max Harvest

私は 時間的な余裕がない時など、マイルをなるべく貯めておいて、無料でヨーロッパ圏内をまわることをしているので、あまり鉄道は使わなくなりました。でも、十分なマイルがない時や、時間的な余裕があるのであれば、是非鉄道旅行も楽しんでみて下さい。おススメです。

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

駅構内にある、スタンプをしっかり押しとかないと、罰金を払わされるので注意です。ちゃんと押してくださいね。

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

Lecceの街中で友人を待っている最中に可愛いワンちゃんを見つけました。イタリアのワンちゃんオス♂です。

ワンちゃんは とってもかわいくて良かったのですが、会う予定の友人になかなか会えず、どこで会うか決めるにも 初めての場所だったので、地理感がなく 友人を待っている際に、携帯での連絡ができず すごく苦労しました。英語も街中では通じず一苦労、やっぱり海外でも使えるwifiは便利です。国際電話だと高くなっちゃうので、海外でも使えるwifiはおススメ(→ヨーロッパ圏専用WiFiルーター, )です。

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

切符 ブリンディッシ駅 Brindisi station

以前もお話をさせて頂きましたが、南イタリアへのアクセスは、ブリンディッシ空港/Brindisi Airport/Salento Airport(※ブリンディッシ空港だと思ってたのですが、グーグルマップでは、サレント空港になってますね。)以外にも、バーリ空港(Bari)もアクセスが良いです。レッチェは、大変綺麗な街です。ローマなどに比べると、とても小さいですが、古くからの建物が残った西洋の街という感じです。おすすめの場所です。


Brindisi Airport to Lecce ブリンディッシ空港からレッチェへ向かい、レッチェ内で珈琲を飲むまでのまとめです。どんどん歴史的な街並みが見られるようになりました。イタリアっぽくなってきましたネ!


airberlin(エアーベルリン)を使ったのですが、マイルで飛行機に乗ったので、ほぼゼロ円で移動しました。マイルをためると海外旅行もほぼ無料で行けるので、マイルのたまるクレジットカードを持つことをお勧めします。非常にマイルがたまりやすいクレジットカードおすすめクレジットカードまとめ

Lecce レッチェ 遺跡巡り ドゥオーモ サンティ ピエトロ エ パオロ教会 (ガラティーナ大聖堂) ポルト・チェザーリオ 南イタリア サレント レッチェ 南イタリア 夏休み バケーション 格安旅行

"歩いているだけで楽しくなっちゃう街ですね。それがレッチェ(Lecce)ですね。"


サレント レッチェ イタリア旅行 salento holiday vacation 夏休み 青の洞窟 南イタリア旅行


『南イタリアで素敵な夏の思い出をつくりませんか?』

Lecceの街の中で、本場イタリアのエスプレッソを頂きました。旨くないわけがありませんよね?素敵な街を楽しみながら、プラット立ち寄るカフェで、珈琲を飲む。なんか嬉しくなっちゃいます。是非経験して頂きたいです。ホテルの予約。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅


南イタリアを楽しむ サレント プーリャ ナポリ ポンペイ


《只今 ローマ イタリア方面 格安セール中:ローマ、フィレンツェ、ナポリ!》格安海外ツアー

航空券のみ購入して、ホテルだけ宿泊という手段でも楽しめますよ。是非、素敵な地中海の透き通ったビーチのある南イタリア【プーリャ、サレント、レッチェ】を楽しんで下さい。

※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

『南イタリア プーリャ、salentoで楽しむ 本場のイタリア料理 そして紺碧の海を ワイングラスを片手に楽しみませんか?』










ギリシアもたいへん近いです。イタリアで過ごされたあと、ギリシアに立ち寄られるのが良いかと思います。船で行くと 白い壁の建物がたくさん見えて、地中海に来たなぁって感じますよ、是非楽しんで下さいね。



Copyright reserved by SunChildren
【ホテルのご予約はコチラから】
※8月は、欧州からのバカンス客が多いためご予約が取れない可能性があります。

サレント プーリャ 南イタリアへの旅

イタリア旅行 サレント salent



たびネタ/旅行ネタ/Travel the WORLD


その他のコンテンツ More Contents

イタリア料理のアラカルト